南極クルーズ

オーシャンエクスぺデイションズ社の南極クルーズ

南極クルーズでは経験豊かなオランダの会社です。会社が所有しているクルーズ船で運行しているため、ユニークなプログラムがあるのが特徴です。特に、ヘリコプターを搭載して、皇帝ペンギンを訪ねるクルーズや、クルーズ船をベースキャンプにして、南極でキャンプをするクルーズがおすすめです。

オルテリアス号:
Ross-Sea

乗客・116名53キャビン,乗員・47名,排水量・4,575トン,アイスクラス・1A

2018年ー2019年 南極クルーズ(USD)

出発日期間コース出港地・寄港地費用USD
10/2910フォークランド諸島プエルトマドリン/ウシュアイア5,600~8,350
11/712南極半島ーベースキャンプウシュアイア/ウシュアイア7,950~11,700
11/1811ウエッデル海ーヘリコプターと皇帝ペンギンウシュアイア/ウシュアイア11,400~15,200
11/2812南極半島ーベースキャンプウシュアイア/ウシュアイア7,950~11,700
12/910サウスシェットランド島と南極半島ウシュアイア/ウシュアイア6,500~9,600
12/1812南極半島ーベースキャンプウシュアイア/ウシュアイア8,250~11,950
12/2912南極半島ーベースキャンプウシュアイア/ウシュアイア8,250~11,850
2/611南極半島ウシュアイア/ウシュアイア7,950~11,700
2/1620フォークランド諸島ーサウスジョージアー南極半島ウシュアイア/ウシュアイア14,250~20,500
3/712南極半島ーベースキャンプウシュアイア/ウシュアイア7,950~11,700
3/1814南極半島ーポーラサークルーホエールウオッチングウシュアイア/ウシュアイア8,300~12,400

プランシウス号:
Plancius

乗客・116名53キャビン,乗員・45名,排水量・3,434トン,アイスクラス・1D

2018年ー2019年 南極クルーズ(USD)

出発日期間コース出港地/寄港地費用USD
11/321フォークランド諸島ーサウスジョージアー南極半島プエルトマドリン/ウシュアイア12,150~17,550
11/2311サウスシェットランド島と南極半島ウシュアイア/ウシュアイア7,200~10,650
12/320フォークランド諸島ーサウスジョージアー南極半島ウシュアイア/ウシュアイア13,100~19,150
12/2219フォークランド諸島ーサウスジョージアー南極半島ウシュアイア/ウシュアイア13,100~18,150
1/920フォークランド諸島ーサウスジョージアー南極半島ウシュアイア/ウシュアイア14,950~21,500
1/2811南極半島ウシュアイア/ウシュアイア7,950~11,700
2/711南極半島ウシュアイア/ウシュアイア7,950~11,700
2/1712南極半島ーベースキャンプウシュアイア/ウシュアイア7,950~11,700
2/2812ポーラサークルー南極半島ウシュアイア/ウシュアイア7,950~11,700
3/1112ウエッデル海ウシュアイア/ウシュアイア7,950~11,700
3/2210南極半島ーホエールウオッチングウシュアイア/セイントヘレナ5,750~8,600

南極装備のレンタル:

南極の装備に関して、ブーツは無料でレンタルしていますが、このたび、オーシャンワイド・エクスぺデイションズ社は、ニュー・ヒーデイング社と提携して、防水のジャケットやパンツ、ゴアテックスの手袋などを有料でレンタルするサービスを開始いたしました。

申込は、下記サイトからとなります。

便利な点としては、装備を前泊するウシュアイアのホテルに届けてくれること、また使用後は船を下船するときに船内で返却できることです。

このサービスにより、日本から用意していくわずらわしさが、大幅に軽減します。

Oceanwide Ushuaia Rental Depot

シェアする
tws2をフォローする
北極から南極までトランスワールドの旅